滋賀医科大学 内科学講座 神経内科は、脳神経を診る内科として神経内科学に関する学生教育および神経内科若手医師の育成、よりすぐれた診療と研究を発展させていくことを目指します

滋賀医科大学 内科学講座 神経内科 ホームページ トップに戻る

神経内科について

沿革

滋賀医科大学は1975年に開学し、1978年に繁田幸男教授により内科学第三講座が開講され、糖尿病内科を中心とした講座で腎臓グループ、神経グループとして研究チームが設立されたことが始まりです。1987年に神経グループが診療チームとして独立しました。創立当初から安田斎(前滋賀医大看護学科教授)を初代神経グループ長とし、その後前田憲吾(現東近江医療センター 神経内科部長)、続いて川合寛道(現滋賀医科大学講師)をグループ長として、そして2016年7月1日、旧第3内科から神経内科が独立し、内科学講座神経内科として講座が設立され、初代教授として漆谷 真が着任しました。

滋賀県唯一の大学の神経内科チームとして、県域診療に貢献するとともに、研究面で数々の優れた業績を挙げ、特に糖尿病性ニューロパチーの病態解明やウイルスベクタを用いた神経疾患の遺伝子治療や再生治療研究において、国際的に高い評価を得ています。今後はさらに研究分野を拡充し、筋萎縮性側索硬化症や認知症を始めとする神経難病、脳血管障害や神経生理学的手法を用いた臨床研究を中心に臨床、研究活動を広げてゆきたいと考えています。

1975年 滋賀医科大学開学
1978年 第3内科開講 (糖尿病・腎・神経グループ発足)
1987年 神経グループ独立
1998年 脳神経センター 神経内科外来 開設
2016年 内科学講座 神経内科 独立、漆谷真教授着任