滋賀医科大学 内科学講座 神経内科は、脳神経を診る内科として神経内科学に関する学生教育および神経内科若手医師の育成、よりすぐれた診療と研究を発展させていくことを目指します

滋賀医科大学 内科学講座 神経内科 ホームページ トップに戻る

臨床について

臨床活動

神経内科の扱う疾患は実に多岐にわたります。滋賀医科大学は滋賀県唯一の大学病院として専門的手法を用いた診断や高度先端治療を提供すると共に、地域の基幹病院として急性疾患から難病まであらゆる神経疾患に対応します。特に神経難病、認知症、脳卒中については重点項目とし、脳梗塞の超急性期治療を脳神経外科、認知症を精神科、神経難病はリハビリテーション科と連携し早期診断と積極的な治療介入を進め、滋賀県の病診連携体制を構築してまいります。

神経難病の最新エビデンスに基づく診断・治療と、病診連携ケアの両立

神経内科が扱う主な疾患が神経変性疾患です。パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症や、アルツハイマー病などの認知症などが含まれ、根治的な治療法がなく慢性進行性の経過をたどるため神経難病とも言われています。以前は原因や病態の手がかりがありませんでしたが、最近原因となる遺伝子や、脳に蓄積する異常なタンパク質、それらによって起こる脳や脊髄での異常な仕組みが明らかになっています。さらに新薬も次々と登場し、症状の改善効果が得られ一部疾患進行が抑制される効果も認められますが、残念ながら根治的な治療法の開発には至っていません。我々はALSに対する抗体療法、再生療法の開発研究を進めるとともに、治験薬などの最新治療に積極的に参加をし、与えられた治療の機会を最大限に活かします。内服治療だけではなく、神経リハビリテーションにも工夫と改善を加え、積極的に導入しています。さらに在宅治療を希望される難病患者の意思を如何に尊重するかを考えながら、患者とご家族に寄り添う病診連携ネットワーク作りに努めています。

 

神経難病の最新エビデンスに基づく診断・治療と、病診連携ケアの両立

神経難病リハビリテーション

疾患発症のメカニズムや、研究レベルでは治療薬の開発研究が進んでいますが有効性は限られています。我々は神経難病患者さんに対する最も有効な治療の1つはリハビリテーションと考えています。特に筋力低下が軽度ないしは伴わない小脳失調、痙性対麻痺、パーキンソン病においては筋肉の再教育が有効な可能性があります。滋賀医大神経内科はリハビリテーション科・部内の専門医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士と協力して、独自の神経難病リハビリテーションプログラムを展開します。まずは小脳性運動失調の集中リハビリテーションプログラムを開始しました。今後は痙性対麻痺、パーキンソン病など対象疾患を拡充する予定です。

 

神経難病リハビリテーション

脳卒中の超急性期ハイブリッド療法

脳梗塞は発症後4時間半以内であればt-PA(アルテプラーゼ)による血栓溶解療法が最初の治療となりますが、t-PAの無効例や4時間半以降の症例においても8時間以内であれば血管内治療による血栓回収が有効と言われています。2015年に発表されたESPCAPE試験では、標準内科治療群と血管内治療を加えた治療群について、脳梗塞発症後90日後の機能予後を比較したところ、modified Rankinスケール(機能予後の指標)で血管内治療群で有意に改善しました(Goyal M. et al.: N Engl J Med. 372: 1019, 2015)。我々は、超急性期脳卒中患者に対しては脳神経外科と連携し、神経内科でt-PAを行うと同時に、あるいは行った後の反応性に応じて積極的にカテーテルによる血管内治療を行っています。2015年の急性期脳梗塞患者においてt-PA治療は20%、ハイブリッド治療は8%と、全国の平均実施率を大きく上回っています。入院後の神経リハビリテーションも充実しており、退院時に大きな機能改善が得られています。

脳卒中の超急性期ハイブリッド療法

神経筋疾患の高度診断と治療

滋賀医大神経内科は、従来糖尿病性末梢神経障害を中心とした神経疾患診療において全国をリードしてきました。特に糖尿病性の末梢神経障害性疼痛の治療においては豊富な経験を有します。我々はさらに、筋電図、神経伝導検査、誘発電位などの電気生理学手検査を充実させるとともに、非侵襲的で高い網羅的診断の力を有する神経筋超音波検査を新たに導入し、電気生理やMRIのみで診断が困難な症例の診断に成功し、既存の疾患で新たな知見を得ております。これらの検査は免疫グロブリン大量療法や免疫抑制剤などの免疫介入の可否の診断に有効で、治療にも活かされています。

神経筋疾患の高度診断と治療